HOME > 各種施工例 > 東日本大震災の後練馬区で耐震診断と耐震補強工事をしました

東日本大震災の後練馬区で耐震診断と耐震補強工事をしました

  • 浴室の柱は水漏れとシロアリで全く形をとどめていなくて外壁のモルタルで2階を支えていました

  • 腐った柱と土台を新しくし大きな金物で基礎としっかり固定し、柱も横桟と金物で固めます

  • この写真は大型のホールダウンと呼ぶ金物です

  • 柱の間に横桟を入れ4個の補強金物で固めます

リフォーム箇所 耐震補強工事・浴室取り替え工事、左官工事、内装仕上工事、塗装工事、シロアリ駆除
建物形態 木造2階建
築年数 30年
工期 25日
総費用額 約430万円
施主 東京都練馬区 南大泉 S K
様邸
ご家族構成 ご夫婦、子息様

【リフォームテーマ】

耐震補強工事と付随する工事

18年前からお付き合いのある方のから築後30年以上の自宅の耐震診断を依頼され、危険な個所が多かったので耐震補強の工事をいたしました、補強個所は金物で補強した壁に耐震ボードを貼って地震に強い壁を9か所補強し、倒壊しない家を造りました。


 <<    |  一覧へ戻る  |   >> 

このページのトップへ